リロケーションとは

リロケーションとは他人が住んでいた家に他の人が住むことであり、主に本来の家主が転勤等の事情があって家を空けなければならないが、その家を売りたくない時に利用されます。
いわゆる利用期間つきの賃貸物件と考えればいいでしょう。
他人の家を借りて住むことになるのですが、名目上としては本来の家主が留守にしている間にその家の管理をするという感じとなっています。
リロケーションとして家を貸す側としては、自分が転勤している間に家を空き家にせずに済み、更に賃貸物件のように家賃を取ることができるため、ローンが残っている場合にはその補填をすることができます。
契約期間も貸す時に決めるために、その期間を過ぎれば確実に返してもらうことができます。

しかし、当然のことながら空き家にするよりは家の維持は確かにできますが、貸した相手が家の維持を必ずしてくれる保証はなく、確かに賃貸料ももらうことができますが、大抵は一般の賃貸に比べると安価なものとなってしまいます。
そのためローンの返済に充てられる保障はないのです。
これがリロケーションとして相手に家を貸す側の利点と欠点となります。

それに対して借りる側はどうでしょうか。
欠点はそうですが借りる側としても様々な利点が存在します。
では一般の賃貸物件ではなくリロケーションを利用する利点は何でしょうか。
そして当然のことながらリロケーションを利用する上では気をつけるべき点もあります。
その気をつけるべき点は何でしょうか。



[PICK UP]
転勤等の事情があってマンションを貸したい際に参考になるサイトです ⇒ ⇒ マンションを貸したい

Copyright © 2014 リロケーション、借りる側の良い所は? All Rights Reserved.